自分に合うボディソープを選びましょう

敏感肌に良いボディソープの条件

ボディソープはいろいろなものがあるので、どれを選んでいいか分からないですね。
ドラッグストアに行くと約一列分陳列されていることもあるほどです。
特に肌に問題のない人にとってはどれを選んでも、自分の好みの匂いなどにあっていれば問題ないでしょう。
しかし自分が敏感肌だという場合には、その選び方は慎重になります。
敏感肌の人はそのボディソープに入る化学物質などにも反応するので、その内容成分をよく確かめる必要があるのです。
なるべく自然のものを使用したもの、そして無添加のものがいいです。
また匂いが良い物がいいという人もいますが、敏感肌の人は無香料を選択した方が肌には優しいですね。
また体の汚れというのは、こすって落とすというよりは、ボディソープの泡が落としてくれるのです。
そのために、泡立ちの良い物を選ぶといいですね。
赤ちゃんや老人まで肌の汚れを落とす場合には、この泡立ちを目安にすると肌を傷めずに汚れを落とすことができます。

ボディソープを敏感肌の方が使用するときは?

市販のボディソープは基本的に全肌用に作られています。
すべての肌質に対応しているので、敏感肌の方が使用しても通常は問題ありません。
しかし、極度の敏感肌の方だと刺激となる可能性はあります。
そのような方は合成成分を配合していない無添加タイプのボディソープを使用するべきでしょう。
本当にお肌が敏感な方は、無添加石鹸を使用しても肌荒れすることがあります。
美容用語における無添加とは、身体に刺激となる物質を含んでいないことです。
しかし、無添加石鹸と呼ばれる商品の中にも、添加物が含まれている商品があります。
こうした添加物がお肌に作用し、肌荒れを招いてしまうことがあるのです。
ボディソープの場合も同様であり、刺激物が含まれていると肌荒れの原因となります。
無添加タイプにも添加物が含まれている理由は、成分表記の義務がない成分が存在するからです。
こうした成分に関しては、含まれていないこととして扱えるわけです。
無添加ボディソープを選ぶときは、本当に無添加かどうか見極める必要があるでしょう。

Copyright 2015 Care My Bod. All Rights Reserved.