自分に合うボディソープを選びましょう

固形石鹸と液性のボディソープの違いについて

固形石鹸と液性のボディソープ、どちらも用途は同じですが、固形石鹸を溶かしたものを液体状にして作っているということはなく、製法が異なります。
ボディソープの大半は合成洗剤でできているのに対し、石鹸は脂肪酸ナトリウムという成分で出来ています。
石鹸が弱アルカリ性なのに対し、ボディソープは弱酸性の商品が主力となってきています。
お肌が弱い人には石鹸のほうが肌トラブルやアレルギーを起こすリスクは少ないのですが、最近ではボディソープも合成成分が改良されてきていますし、肌を刺激しにくく肌に吸着しないよう開発が進んでおり、合成界面活性剤以外に加える成分もさまざまな工夫が施されてきているので、表示成分をしっかり確認したうえで、季節や自分の肌に合わせて選ぶようにしましょう。
どちらも少なめに使用して水分と空気をしっかり含ませて泡立てて使用しましょう。
ゴシゴシと強くこするよりも泡を肌にのせるだけの方がずっと洗浄力があるのです。

ボディソープは液性の物がおすすめ。

お風呂に入浴する前に、まずは頭を洗い、身体を洗い流すことになりますが、この時に使用するのがボディソープです。
最近は品種改良を繰り返し、ボディソープも様々な形状や種類が出来ていますが、基本は液性の物が汚れが落ちやすくおすすめです。
中には石鹸で身体を洗い流す人もいますが、石鹸は手を洗うのには向いていますが、身体全身を洗う場合は液性のボディソープが最適です。
理由のひとつに泡立ちがあります。
適量ほど手にとり、わずかばかり水を足して揉みこんでいくと泡立ってきますが、汚れを落とすにはこの泡立ちが非常に重要視されます。
また、肌の弱い方や敏感肌の人にとって直接肌に触れる物はこだわりをもった方が良いでしょう。
格安過ぎる物を購入するのもおすすめしません。
入れ物の裏側には成分を記載した欄がありますので、確認するようにしましょう。
最近では香り付のものや、敏感肌の方用に販売されている種類もあるので店員に尋ねると良いです。

Copyright 2015 Care My Bod. All Rights Reserved.